”晴耕雨読”ぶどう園

Topページへ

2020年栽培のトピックス

記載が新しいものほど上になります。

SSチェック


3/11 ブドウ越冬病対策の消毒をする時期になってきた。
先ず、水汲み場でSSに水汲みをする。(水代金2,000¥/年)
昨秋のSS修理のお蔭で始動には問題ない。(今のところ)

今日は強風が吹いているので実際の消毒はしない。














SSの噴霧状態を水でチェック。 OK。

すると近所のオバサン二人が飛んで来て、「こんな強風の日は消毒は止めて!」。
私:「今日はしません。水でSS噴霧のチェックをしているだけです」。

黄色の消毒薬『硫黄合剤』は嫌われる。風があれば尚更だ。
明日は風が収まるようなので消毒日和だな。












発芽展葉前のこの時期の消毒は、枝にかけるだけだから、SSで大袈裟に噴霧する必要はない。消毒薬が勿体ない。


















従って、消毒竿を繋いで手撒きする。
こちらも霧の状態OK。

















消毒霧の飛散を少しでも抑えるため、道に面した所にはネットを張った。

作業中2:46pmに放送で、「東日本大震災犠牲者に黙祷」のアナウンスがあったので黙祷。あれから9年が経った。
















今年も水仙が咲き出した。


















昨年度山梨県の果実販売は殆んどの品種で数量減だった。天候不順の所為だ。でも主力のブドウは金額は増だった。

我が園のブドウはどちらも減。(;_;)



















県果樹試験場発表会


3/5 県果樹試験場の研究成果発表会へ行ってみると、
いつもは駐車場が一杯なのに今回はガラガラ。
日にちを間違えたかな?、と思いつつ中に入ると、
















新型コロナ肺炎感染防止のため、中止だった。

担当者が居たので聞くと、
「県のイベントはこの時期全て中止で、マスコミ、ホームページで案内している」、とのこと。
俺はニュース収集力が弱いなー。

でも、研究成果の資料は貰えたので、来ないよりはよかった。

「成果発表はCATVローカルチャンネルで後日放映する」、とのこと。



山梨県は新型コロナ肺炎患者は今のところ発生していない。
徹底した感染防止対策を進めてもらいたい。
























研究成果は、赤ブドウや黒ブドウの新規開発品種、シャインマスカットの害虫対策、等々興味深いものがいくつかあり、勉強になる。























ぶどう園補修


ぶどう園西側には民家があるので、消毒霧が飛散しないように巻き下げ式のビニールスクリーンを設置しているが、8年間の使用により、大きな穴が開き劣化が進んで来た。


















上部のビニールも同様


















2/19 中古ビニールにより補修。

ビニールハウス時代の残骸、下部のビニールもボロボロだが放置。(>_<)


















上部ビニールは撤去。


















破れの少ない部分は残す。


















そして風よけネットを二重にして設置。
これで消毒霧の飛散が防げるだろう。

















ビニール屋根が破けていた南側は新品ビニールで張替え。
高所一人作業で3時間もかかった。



















北側のビニール屋根も下ろして破れを修理。


















SSの軽油量チェックチューブが汚れて見えなくなってしまったので、これも交換。




















剪定開始


1/下 剪定のため自転車でぶどう園へ通う。

笛吹川土手横の笛吹権三郎の石像。


















大菩薩嶺(左:日本百名山、2057m)




















万力公園万葉の森の令和看板




















公園内に雉がいた。


















メスは地味な色。


















剪定完了には正味1週間はかかるだろう。






















剪定講習会


1/15 JAによるシャインマスカット剪定講習会
シャインマスカットは栽培農家が増えていて品種特性もあり、講習会はいつも出席者が多い。

先ずJA地区ぶどう部会の責任者から、「昨シーズンは天候不順で糖度上昇が悪かったが、販売価格は良かった」、との概要報告があった。
私の場合は価格も悪かったが・・・(>_<)
















今年も比較的若木の園で開催された。
JA支所の指導課長が講習してくれる。



















これは長梢剪定方式。




















こちらは短梢剪定方式。
我が園と同じ。



















我が園の様子

極寒時期の剪定は良くないらしいので、2月になったら始めよう。


















12/中〜1/中の最高・最低気温は25.4℃と-6.8℃だった。
温度計に直射日光が当たるので、最高気温は高い。
暖冬なのに最低気温-6.8は意外だ。
壊れてる?



















このページの先頭へ